ガジェット

ビッグローブ(Biglobe)のエンタメフリーオプションは音楽聞き放題サービスのユーザーにオススメ

エンタメフリーオプションを使った感想

ビッグローブ(Biglobe)の特徴的なオプションである「エンタメフリーオプション」。

エンタメフリーオプションに加入して4ヶ月経ったので、良いところも悪いところもわかってきました。

今回の記事では「エンタメフリーオプション」で何ができるのか、4ヶ月間加入した感想をつらつらと書いていきます。

エンタメフリーオプションで高画質の動画は見れない

エンタメフリーオプションの詳細をお伝えする前に、この記事の結論部分をお伝えすると

動画を高画質で見まくりたい人には向かないオプション

です。

エンタメフリーオプションに加入しても、通信量を気にせずに動画を高画質で見まくることはできません。

ただ、定額制の音楽聞き放題サービス(Apple Music、Google Play Musicなど)に入ってる人にはオススメできるオプションだと思います。

エンタメフリーオプションの画質・音質

エンタメフリーオプションを利用する場合の推奨画質・音質の水準は、BIGLOBEの公式サイトだとこんな感じです。

  • YouTube:視聴可能な画質: 360p以下
  • AbemaTV:画質設定 最低以下
  • Google Play Music:トリーミングの質 標準以下
  • Apple Music:推奨品質の指定なし
  • Spotify:音質 標準音質以下
  • AWA:ストリーミング音質 Normal以下
  • radiko.jp:推奨品質の指定なし
  • Amazon Music:ストリーミング音質 低以下
  • U-NEXT:画質 最低画質

エンタメフリーオプションの対象になるサービスで私が実際に利用しているのは、YouTubeとApplemusic。

エンタメフリーオプションで見れるYouTubeの画質

YouTubeは公式サイトで推奨している360pの画質しかスムーズに再生できませんでした。

高画質の720pや1080pにすると、読み込みに時間がかかってしまい、見るに耐えません。

スポーツ系や字幕が多い動画だと、360pの画質だとかなりきついです。

ヒカキンさんやフィッシャーズさんなど、youtuberの方の動画なら最低画質でも普通に見れると思います。

エンタメフリーオプションで聞けるApplemusicの音質

AppleMusicについては、エンタメフリーオプションを使わない4G回線と同じ音質で聞けています。

また、AppleMusic内のMVであれば、高画質でスムーズに再生できることも多く、AppleMusicヘビーユーザーの私はかなり助かってます。

どんな人にエンタメフリーオプションはオススメ?

私がエンタメフリーオプションをオススメしたい人は

  • 低画質でもいいから動画を見まくりたい
  • 定額制の音楽聞き放題サービスを通信量気にせずに使いたい

という条件に当てはまる方です。

エンタメフリーオプションの加入はこちら

逆にオススメできないのは、「動画を高画質でたくさん見たいという方。

「動画を高画質でたくさん見たい」はビッグローブ(Biglobe)なら、

  • 20ギガプラン:月額5,200円(税別)
  • 30ギガプラン:月額7,450円(税別)

に加入した方がストレスなく動画を見れるはず。

今ならキャッシュバックキャンペーンをやってるみたいなので、お得に乗り換えられるチャンスです。

BIGLOBEモバイルの料金体系はこちら

あわせて読みたい
ビッグローブ格安SIM
【youtubeやimusicが使いたい放題】ソフトバンクからビッグローブの格安SIMに乗り換えた話ちょっと出遅れた感がありますが、今年の1月に私もソフトバンクからビックローブ(MVNO)に乗り換えました。 MVNOに乗り換えた理...

エンタメフリーオプションとは何か

ここからはエンタメフリーオプションをあまり知らない方に向けて、エンタメフリーオプションの内容を詳しくご説明していきます。

エンタメフリーオプションは、BiglobeのデータSIMあるいは音声通話SIMを月に3GB以上のプランで契約している場合に使えるオプションです。

エンタメフリーオプションは、特定のサービスにかかる通信を月々の通信量にカウントしない、いわゆる定額制・使い放題サービスのようなもの。

エンタメフリーオプションで使い放題になる特定のサービスは、動画系と音楽系の2種類あり、それぞれこんな感じ。

動画系のサービス

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT

音楽系のサービス

  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music

Youtube・Google Play Music・Apple Musicへの通信量をカウントしないのは嬉しいですね。

エンタメフリーオプションの料金

エンタメフリーオプションの料金は、利用するSIMの種類によって異なります。

エンタメフリーオプションの料金

  • 音声通話SIM利用の場合:480円/月
  • データSIM利用の場合:980円/月
    ※エンタメフリーオプションが利用可能なプランは、3GB以上のプラン

エンタメフリーオプションを使った感想

エンタメフリーオプションビッグローブ(Biglobe)に乗り換え、エンタメフリーオプション加入して4ヶ月使った感想としては、

定額制の音楽聞き放題サービスに入ってるなら加入する価値はある

です。

動画配信系のサービスへの通信量もカウントされませんが、動画配信系サービスの場合は最低画質じゃないとスムーズに再生できません

なので、高画質でソフトバンクやau、ドコモの回線で動画を見ているようなスピードでは動画を見れません。

特に朝や夕方から夜にかけての通勤時間にはかなり回線スピードが遅く、まともには見れないです。

動画を高画質で見たいなら、データ通信量が多いプランに入った方がストレスなく動画を見れると思います。

定額制の音楽聞き放題サービスのヘビーユーザーなら加入する価値あり

動画を見たい人にはエンタメフリーオプションは微妙ですが、定額制の音楽聞き放題サービスのヘビーユーザーなら加入する価値はあります。

私はApplemusicに加入しており、Applemusicで1日4〜5時間ぐらい音楽を聴いています。

それでもエンタメフリーオプションのおかげで、データ通信量は毎月5GB程度でおさまっています。

インスタグラムも結構見まくってこの通信量なので、エンタメフリーオプションに加入して良かったです。
エンタメフリーオプションの加入はこちら