ガジェット

迷ったらこれを買え!コスパが良いGoPro用アクセサリーセットのご紹介

GoProアクセサリーセット

先日GoPro HERO5と一緒にGoproのアクセサリーセット「LyStar 51-in-1 GoProアクセサリーセット」を購入。

このアクセサリーセットのコスパが最高だったので、詳しくご紹介していきます。

Goproのアクセサリーをまだ持っていない方やこれから買い揃えようと思っている方にはぜひ知っていただきたいアクセサリーセットです。

GoProはアクセサリーがないと、性能をフルに活かせない

アクションカムの代表と言ってもいいぐらい有名になったGoPro。

GoProの魅力は、旅行やツーリング、スキーやスノボ、サーフィンなどのアクティビティを綺麗に撮影できることだと思います。

GoProは小さくタフですし、防水なので、アイデア次第で色んな映像を撮ることができます。

どんな映像が撮影できるかは、Gopro公式のこちらの動画をご覧ください。

でも、Gopro単体ではその性能を発揮できません

自分と同じ目線の撮影がしたければ、ヘルメットにGoproを取り付けるためのアクセサリーが必要になりますし、車の中から外を撮るためには、車の中に設置するためのアクセサリーが必要になります。

ただ、Goproのアクセサリーって結構高いものが多く、1つずつ買っていくのはあまりコストパフォーマンスは良くありません。

旅行の時だけ使いたいけど、それ以外では使わないアクセサリーに3,000円とか5,000円出すのって結構痛いですよね。

私もGoproで色々な映像を撮影したいと思っていますが、1つひとつのアクセサリーの使用頻度がどれくらいになるかわからないため、何のアクセサリーを買うか悩んでいました。

そこで見つけたのが「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」です。

これがあれば後はもう何も買わないてもいいぐらいアクセサリーが入っています。

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」で大体の撮影方法が実現できる

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」は、全29種類のアクセサリーが入って、 約3,000円。

そこそこ良い自撮り棒と同じ価格です。

約3,000円で

  • 自撮り棒
  • 三脚
  • ヘルメットにつけるためのマウント
  • 体にGoProをつけるためのマウント
  • 水中で撮影するためのアクセサリー
  • 吸盤で車やバイクにGoProをくっつけるためのアクセサリー

などが入っており、GoProを使って撮りたいと思う映像は、このセットに入っているアクセサリーだけでほとんど撮影できるようになります。

※マウント=GoProを固定する器具

価格が安いと心配なのは質ですが、質もそんなに悪くはありません。

自撮り棒も多少のぐらつきはありますが、長さも角度も調節できるので、充分使えるレベルです。

また、それ以外のアクセサリーも使用感に不安があるものは今の所ありませんでした。

たとえ、セットの中の一部のアクセサリーに不満があり、もっと質がいいアクセサリーが欲しいと思ったら、そのアクセサリーだけ買い換えればいいだけです。

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」は、「GoProを使って色々な映像を撮ってみたい」と思っている方にはぴったりなセットだと思います。

逆に「良い自撮り棒が欲しい」や「しっかりした三脚が欲しい」など、撮影方法とアクセサリーが単品で絞られている人には向かないでしょう。

でも個人的には、たくさんのアクセサリーがあったら、今までにないアイデアが湧き、色々な撮影方法を試してみたくなる気がします。

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」の中身

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」の内容は、こんな感じ。
種類としては29種類個数としては51個のアクセサリーが入っています。

  1. チェストマウントハーネス
  2. Jフックバックル
  3. 360度回転式グリップマウント
  4. 360度回転式手首マウント
  5. ヘルメットマウント
  6. サクションカップ(吸盤)
  7. ロールバーマウント
  8. ピポットアーム+ネジ(ロング)
  9. ピポットアーム+ネジ(ショート)
  10. 腕ストラップ
  11. ヘッドストラップ
  12. ヘルメット延長アーム
  13. 自撮り棒
  14. ミニ三脚
  15. トライポッドアダプター
  16. フローティンググリップ
  17. テザーストラップ+3M粘着パッド
  18. クイックリリースバックル
  19. ロングネジ
  20. ショートネジ
  21. プラスチックレンチ(ネジ回し)
  22. ベースマウント(平面)
  23. 平面マウント3M粘着パッド
  24. ベースマウント(曲面)
  25. 局面マウント3M粘着パッド
  26. 曇り止めシート(重複利用可)
  27. 変換アダプター1/4カメラネジ(オス)→GoPro式
  28. パーツ収納ポーチ
  29. キャリーケース

このキャリーケースに入って届くのですが、開けた瞬間あまりの物量に圧倒されました 笑

GoProアクセサリーセット

また、日本語でアクセサリーの使用用途を紹介している説明書も入っているので、「これを何に使えば良いのかわからない」と困ることはなさそう。

GoProアクセサリーキット説明書

GoProアクセサリーセットに入ってた良かったもの

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」の中でも、特に買って良かったと思えるアクセサリーをいくつかご紹介します。

自撮り棒

自撮り棒は角度も長さも調整できるので、そこら辺で売っている1,000円レベルの自撮り棒よりも全然良いと思います。

少しグラつきますが、そこまで気にならないレベルです。

とりあえず自撮り棒あったらいいかなー、ぐらいの方だったら満足いくクオリティ。

ヘッドストラップ

ヘッドストラップおでこの位置にGoproを取り付けるためのストラップ。
自分目線の撮影をしたかったので、結構欲しかったアクセサリーです。

サクションカップ(吸盤)

GoProサクションカップ
地味に嬉しかったのがサクションカップ。

吸盤でマウントを固定するやつです。

車の中から外の風景をタイムラプスで撮影する時に役立ちそうです。

goproのマウントは接着シールみたいなやつで貼り付けるやつが多いのですが、接着シールだと何回も使いまわせないので困っていました。

360度クリップマウント

このマウントは結構便利。

旅行での撮影時など、リュックにこのマウントでGoproを取り付けておけば、手を使わずにGoProで撮影できます。

私も過去、沖縄に旅行した時に大活躍しました。
※その旅行で持っていたグリップマウントはなくしましたが。。

三脚

セットの価格自体が安かったので、あまり期待していなかったのですが、これが結構良かったです。
普通の三脚ではなく、写真のように何かくくりつけてGoProを設置することができるので、撮影の幅を広げてくれそう。

GoPro三脚

また、この足が色々な形になるので、自撮り棒の代わりに使うこともできそうです。

プラスチックレンチ

GoProプラスチックレンチ

これも地味に嬉しかったアクセサリーです。
goproのマウントとGoProを固定するネジ専用のレンチ。

アクティビティで使うことが多いので、ネジもしっかり固定したいことが多く、そんな時にこのレンチが活躍しそう。

あまり良くなかったアクセサリー

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」の中身は非常に良かったのですが、アクセサリーが入っているキャリーケースとポーチに関しては微妙でした。

ポーチはペラッペラの薄い生地のもので、中身を保護してくれる役目は全く果たさないので、これにGoProやアクセサリーを入れて持ち歩く気はしません。
Goproポーチ

また、キャリーケースも仕切りほとんどなく、整理整頓して収納できるタイプではありません。

なので、ポーチは別のものを買い足そうと思っています。

「LyStar 51-in-1 Goproアクセサリーセット」では足りなかったもの

先述した通り、このアクセサリーセットを買えば、思いつくほとんどの撮影方法ができると思います。

ただ、Goproはバッテリー駆動時間が短いので、予備のバッテリーとバッテリーチャージャーがセットになったものを購入しようと思います。

スケートボードをテーマにしたyoutubeチャンネルを運営しているのですが、そのチャンネルで配信する動画の撮影時間は長くなりがちなので、予備のバッテリーがないと少し不安です。

また、今回購入した「LyStar 51-in-1 GoProアクセサリーセット」のおかげで、色々なアイデアが湧き、撮影意欲がかなり出てきました。

だからこそ、今後はGoproでの撮影時間が多くなり、予備バッテリーが必要なタイミングが増えそうです。

あわせて読みたい
GoPro HERO6ではなく、GoPro HERO5を買った理由2017年の9月に「GoPro HERO6 Black」が発売されたばかりですが、つい先日「GoPro HERO5 Black」を購入し...