複業

好きなことで生きるライフスタイル、モバイルボヘミアンのご紹介

モバイルボヘミアン

私は会社員になって約5年経ちますが、いろいろな悩みや違和感を抱えたまま、ずっと働いてきました。

  • 仕事にやりがいを感じるけど、好きなことだけして生きていきたい
  • 好きなことを仕事にして、収入を得たい
  • 今よりも、もっと楽しく人生を送ることはできるんじゃないか
  • 他人の指示で働く時間が多いし、理不尽なことが多すぎる

など、よくある悩みだとは思います。

社会にしっかり適応している人がよく言う好きなことを仕事にするよりも、仕事を好きになれ。そうしたら人生楽しくなるという言葉も正直しっくりきていませんでした。

この違和感や悩みを無くしたら、つまらない人生を送ることになってしまうと思いながらも、どうしたらいいかわからず惰性で働いてきました。

そんな中で「モバイルボヘミアン」というライフスタイルと、そのライフスタイルを実践している人が多くいることを知り、自分自身が送りたかった人生が明確になりました。

ただ、今の段階では、私はまだモバイルボヘミアンになれていません。

それでも自分自身の理想となるライフスタイルが明確になり、それを日々の目標に落とし、行動していることでモバイルボヘミアンに近づいてきています。

また、目標を持って日々過ごせているため、人生の中で楽しい時間が増えてきています

今回の記事では、過去の私のように違和感やモヤモヤを抱えながら働いている人のために、

  • モバイルボヘミアンとは何か
  • モバイルボヘミアンのメリット
  • モバイルボヘミアンになるために満たす必要がある3つの条件

をご紹介します。

モバイルボヘミアンとは

モバイルボヘミアンを一言で表すと、

時間と場所に制約されず、好きなことをして収益を得るライフスタイル

です。

このモバイルボヘミアンは、本田直之さんと四角大輔さんがこちらの書籍で提唱しているライフスタイル。

生活していること、好きなことがコンテンツになり、そのコンテンツでお金を得ることができる。

そうすることで、時間にも場所にも縛られずに生きていけるようになる。

そういった良い循環を回すことで、「幸せな人生を送れる」という考え方です。

インターネットの登場で、モバイルボヘミアンになるためのハードルは、格段に低くなってきていると思います。

プロブロガーやyoutuberといった職業が実際に成立していることが、ハードルが低くなってきていることを証明しています。

モバイルボヘミアンになるメリット

実際にモバイルボヘミアンになると、どんなメリットがあるのか。

実際にそういったライフスタイルを送っている人が、書籍で伝えているメリットを大小構わずご紹介します。

  • 好きなことをする時間が圧倒的に増える
  • 自分や自分の大切な人に使える時間が増える
  • ストレスが減る
  • 毎日が楽しくなる
  • 満員電車に乗らなくて良くなる

とにかく幸せそうですね。

特に私が惹かれたのはこの二つ。

  1. 好きなことをする時間が圧倒的に増える
  2. 自分や自分の大切な人に使える時間が増える

この2つが幸せな人生をおくる条件だと思っているので、私もこのまま頑張ってモバイルボヘミアンを目指していきます。

モバイルボヘミアンになるために必要な3つ条件

ここまでご紹介してきた内容で、モバイルボヘミアンというライフスタイルに惹かれる方は多いと思います。

ただ、ハードルが下がったとはいえ、簡単になれるわけではありません。
モバイルボヘミアンになるためには、満たさなければいけない3つの条件があります。

それは、以下の3つです。

  1. ミニマムライフコストを把握する
  2. 専門的なスキルを組み合わせてニッチなコンテンツを生み出す
  3. 小口だけど定期的にお金が入ってくる収入源を複数持つ

ミニマムライフコストを把握する

ミニマムライフコストとは、生きていくために必要最低限のコストのことです。

生きていくために必要最低限のコストがわかれば、何事にも思い切って挑戦できるようになります。

東京に住んでいる私のミニマムライフコストは1ヶ月18万円ほど。
バイトや派遣でも稼げる金額です。

この最低限のラインがわかれば、モバイルボヘミアンになるためのチャレンジがしやすくなります。

私自身もこの金額を把握してから、モバイルボヘミアンになるために思い切った行動を取りやすくなりました。

私が働いている会社は、残業時間が多い人が評価されやすいのですが、私は全く残業をしなくなりました

「もちろん必要なことはきちんとやった上で」ですが、徹底的に日々の業務を効率化し、残業時間を減らす。

そして、モバイルボヘミアンになるための活動に時間を割くようにしました。

やることさえやっていれば、残業時間が少なく会社からの評価が低くても、おそらく給料が下がる可能性は高くはありません。

給料が下がったとしても、ミニマムライフコストを稼ぐには充分な金額をもらえます。

このようにミニマムライフコストが把握できると、会社の給料や評価を上げるためだけの残業をしない、などリスクある行動にチャレンジしていくことができます。

ミニマムライフコストを把握する方法

ミニマムライフコストを把握するには、家計簿が最も効果的です。

基本的なことですが、自分の「収入」と「支出」を把握する。

そして、日々の支出を「消費」「浪費」「投資」で分類し、「浪費」を徹底的に削ったものがミニマムライフコストになります。

それぞれの分類方法としては、以下の通りです。

浪費:単なる無駄遣い、金額以下の価値しかない支出
投資:金額以上の価値があり、自分の成長や将来に役立つ支出
消費:生きていく上で必要な支出。金額と同等の価値があって投資にも消費にも当てはまらない支出

この分類は、本田直之さんの著書である「ビジネスパーソンのための家計簿」を参考にしています。
※参考書としてリンクを貼りたかったのですが、現在はamazonや楽天でも販売しているところがありませんでした。。

ここで気をつけていただきたいのが、投資の金額を減らさないこと。

むしろモバイルボヘミアンを目指すのであれば、どんどん投資を増やした方がいいです。

ここでの投資とは、株ではなく、自分自身への投資のこと。
スキルを身につけるための書籍代や新しいスキルを身につけるためのセミナー代などはケチらないでください。

自分への投資をしないとスキルが身につかず、収入を得るためのスキルが身につきません。

専門的なスキルを組み合わせてニッチなコンテンツを生み出す

複数のスキル

専門的なスキルを複数身につけましょう。

このスキルが収益を生むコンテンツの源になります。

スキルは単独で活用するのではなく、複数組み合わせることが重要です。

単体のスキルだけだと競合はたくさんいますし、単体のスキルでオリジナリティがあるコンテンツを生み出すことはハードルが高いです。

ただ、スキルを複数組み合わせることで価値があるニッチのコンテンツを作りやすくなります。

私であれば、

スケートボードのスキル×ライティングスキル×SEOのスキル=スケートボードをテーマにしたブログ(ニッチなコンテンツ)

というニッチなコンテンツを生み出すことができました。

ニッチなコンテンツは、希少性が高く収益を生みやすいので、皆さんもスキルを組み合わせてニッチなコンテンツを生み出してみましょう。

コンテンツを生み出し、きちんと発信していけば、インターネットのおかげでニッチな情報も欲しい人にはきちんと届くようになってきています。

そのおかげ、今まではお金にならなかったようなことでもお金になることがあるので、私はニッチなジャンルにこそどんどん挑戦していくべきだと思っています。

小口だけど定期的にお金が入ってくる収入源を複数持つ

ニッチなコンテンツで収入源を作る上でのポイントは、

小口で定期的な収入源を複数持つ

ということです。

収入源が一本しかないのは非常にリスクが高いです。

そもそも、会社員として嫌なことでも受け入れて仕事していかないといけないのは、収入源が会社からの給料しかないから。

会社以外から収入があれば、その仕事を頑張って続けていく必要はありません。

リスクを分散させるためにも「定期的に」お金が入ってくる収入源を「複数」持ちましょう。

単発で入ってくる収入源だと、毎回収入源を作らなければいけないので労力がかかります。
また、大きなお金が入ってくる収入源を複数持つのは非常にハードルが高いのですが、小口の収入源であれば、ハードルは低いと思います。

私が今作っている収入源は

  • ブログ
  • youtube
  • ライフスタイルブランドの物販

といったところです。

まだまだ、会社を辞められるほどの収益にはなっていませんが、少しずつ収益は増えています。
このままそれぞれの収益を増やしていきながら、他の収入源も作っていけたら、と思っています。

モバイルボヘミアンになるためにはとにかく行動し続けることが大切

ここまで簡単にではありますが、モバイルボヘミアンとは何かを説明し、モバイルボヘミアンになるために必要な以下3つの条件も明確になりました。

  1. ミニマムライフコストを把握する
  2. 専門的なスキルを組み合わせてニッチなコンテンツを生み出す
  3. 小口だけど定期的にお金が入ってくる収入源を複数持つ

あとはこの3つの条件を満たすために「行動」していくだけです。

モバイルボヘミアンになった方、全員が全員行動し続けることが重要だと言っています。

途中で諦めることなく、自分を信じて行動し続ける。
そうすれば、モバイルボヘミアンになることはそんなに難しいことじゃない

私もそれを信じ、今も行動し続けています。

もう自分の大切な時間を好きじゃないことに使いたくない、そう思っている方は小さなことでもいいので、まずは行動してみましょう。

このブログでは私がモバイルボヘミアンになっていく過程も随時に記事にしていく予定なので、これを読んでくださっている方とも一緒に頑張っていければと思います。

最後に「モバイルボヘミアンとして人生を送っている方の書籍」、「今回の記事を書く上で参考にした書籍」をご紹介しておきます。

モバイルボヘミアンになるためのより具体的な方法を知りたい方、すでにモバイルボヘミアンとして人生を送っている人の考え方に触れたい人は、ぜひ読んでみてください。

この記事が「好きなことで生きていきたい」と思っている方の手助けに少しでも慣れば幸いです。