複業

リスクが少ない「複業」の始め方

リスクが少ない複業の始め方

私は会社に週4日勤めながら、個人の仕事も本業として行っており、いわゆる「パラレルワーカー」や「複業」という、ワークライフを送っています。

副業解禁もあり、徐々に「複業」というワークライフに興味を持っている方も増えていると思います。

ただ、そうは言っても

  • 「複業」をどのように始めればいいかわからない
  • 今の生活を大きく変えるようなリスクは取りたくない

という方が多いと思います。

そんな方に向けて、私の実体験を元に「リスクの少ない複業の始め方」を3つのステップでご紹介します。

「副業」から「複業」を始めよう!

「副業」から「複業」へ

私がご紹介する「複業の始め方」は会社に勤めていて、なるべくリスクをおさえたい方向けの始め方です。

この3つのステップを踏むことで、リスクを抑えて「複業」というワークライフを実現できます。

step1:徹底的に会社の仕事を効率化して、会社で働く時間を減らす
step2:会社員として働きつつ、副業を始める
step3:会社員として働きつつ、「副業」を「複業」にする

ステップ3以降は、各個人が目指すライフスタイルに合わせて変わります。

また、ステップ3まで進められれば、収益源は会社からの給料に依存しなくなるので、

  • 「会社員+個人での仕事」というワークライフを続ける
  • 会社を辞めてフリーランスとして生きていく

どちらの選択肢も選べます。

また、複数の会社に勤める「複業」の形もあります。

このように「複業」を始めると、自分の好きなライフスタイルを選べるようになります。

「複業」を始めることは決して簡単ではないですが、自分の好きなライフスタイルを実現できるなら、挑戦する価値はあると私は思います。

複業のメリット・デメリットが気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい
複業のメリット・デメリット
複業を始めて4ヶ月で感じた複業のメリット・デメリット複業を本格的に始め、約4ヶ月経ったので備忘録もかねて 複業のメリット・デメリット 私の複業スタイル を記事...

step1:徹底的に会社の仕事を効率化して、会社で働く時間を減らす

効率化ここからは各ステップごとの詳細をご説明していきます。

まずこのステップでは、「複業」を始めるために必要な「時間」を作りましょう。

どのような形で「複業」を始めるにしても、時間が必要になります。

なぜなら、日本のサラリーマンで自分の時間がたっぷりある方は、かなり少ないから。

日本のサラリーマンの残業時間の平均は47時間、1ヶ月20営業日だと1日2.4時間も残業している計算になります。

9:00~18:00勤務だとすると、終業時間は20時20分ぐらい。

帰宅に1時間かかるなら、家に着くのは21時20分になります。

その時間から夕飯を食べ、お風呂に入ってると自分の時間はほとんどなくなります。

ここまで時間がない中で「複業」を始める時間を作るのはかなり大変ですし、まず続かないと思います。

そのため、まずは残業時間を減らしましょう

残業時間を減らす方法はこの記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
残業時間を10時間にするために意識していること
月の残業時間を10時間にするために意識していることのまとめ「働きすぎ」といわれる日本のサラリーマン。 就職・転職に役立つ口コミをリサーチするVORKERSが発表した、サラリーマンの月の残業...

step2:会社員として働きつつ、副業を始める

会社員で「副業」を始めるstep1である程度残業時間を減らすことができ、心にも時間にも余裕ができたら、まずは「副業」を始めてみましょう。

複業として始めたい仕事が明確に決まっており、片手間でもできるのであれば、いきなり「複業」としてスタートしてもいいと思います。

ただ、

  • 複業として始めたい仕事が明確には決まっていない
  • 複業として始めたい仕事はあるけど、片手間ではできない

という方が多いはず。

そのため、まずは会社での仕事をメインにしつつ、片手間でもできる「副業」を始めてみましょう。

副業を選ぶポイントは、

働いた時間をお金に変える仕事ではなく、自分のスキルや知識・経験をお金に変える仕事を

こと。

働いた時間をお金に変える仕事を選んでしまうと、売上を上げるためには労働時間を増やすしかなくなります。

会社で働きつつ、副業でも労働時間を増やすとなると睡眠時間を削るしかないので、なかなか売上を増やすことができません。

また、複業はいくつもの仕事を平行に行なうため、働いた時間をお金に変える「時間給」的な仕事は複業に向いていません

副業では自分のスキルや知識・経験をお金に変える仕事を選びましょう。

副業は何を選べばいいの?

では、具体的にどのように「副業」を始めればいいのでしょうか。

「副業」として何を始めるかは、各個人の状況やスキルによって変わります。

今回は下記3つの状況やスキルを想定して、それぞれの状況にあった「副業」の始め方をお伝えしていきます。

  1. 好きなことや趣味がある場合
  2. 専門的なスキルがある場合
  3. 好きなことも専門的なスキルもない場合

好きなことや趣味がある場合の「副業」の始め方

好きなことや趣味がある場合は、自分が持っている知識や経験をマネタイズできないか考えてみましょう。

好きなことや趣味をやっているだけで、お金がもらえるようになるのは難しいです。

そのため、好きなことや趣味で得た知識や経験を活かして、誰かに貢献する必要があります。

好きなことや趣味で得た知識や経験を活かして、お金をもらう方法は4つあります。

  • 知識や経験、技術を教える
  • 趣味で作ったモノを売る
  • 応援してもらう
  • 好きなことを宣伝する

この中でも特にハードルが低くてオススメなのが

知識や経験、技術を教える

ことです。

教えること自体をサービスとして提供できますし、ブログやyoutubeに自分の知識や経験をアップして、広告費で稼ぐこともできます。

「人に教えられるほどじゃない」と思う方も多いかもしれませんが、その分野の初心者からしたら、あなたは立派な専門家ですよ。

教えたい人と教えてもらいたい人を繋ぐタイムチケット

もし自分の好きなことや趣味でやっていることを人に教えるなら、マッチングサービスを利用して、教えてもらいたい人を見つけましょう。

数あるマッチングサービスの中でも、特にオススメなのは「タイムチケット」です。

タイムチケットでは、どんなジャンルのサービスでも提供可能

  • それだ!感のあるネーミングセンスを考えます
  • 恋愛相談受けます
  • カフェでの暇つぶしに付き合います

など、多種多様なサービスが売られています。

そのため、自分の好きなことや趣味がニッチなジャンルでも、教える相手を見つけられる可能性が高いです。

タイムチケット以外のマッチングサービスだと、ジャンルが偏っており、WEB系のサービスじゃないとサービスを提供できなかったりします。

また、タイムチケットは気軽に始められるのもいいところ。

  1. 30分単位で提供するサービスを決めてチケットを発行
  2. そのチケットを購入してもらったら、サービスを提供

と、簡単な流れでサービス提供できますし、お金のやりとりは全てタイムチケットを通して行われるので安心です。

私も「スケボーを教えます!」というサービスを販売し、実際に何度かお金をいただいて教えたことがあります。

自分の好きなことや趣味に関することで、人に教えられそうなことがあれば、まずはタイムチケットで販売してみてはいかがでしょうか。

タイムチケットの登録はこちら

教えることがそのまま複業になるかもしれませんし、そこから別の仕事に繋がる可能性もありますよ。

ブログや動画で「知識や経験、技術を教える」のもオススメ!

ブログまた、「知識や経験、技術を教える」としてブログや動画もオススメです。

ブログや動画の良いところは、この4つ。

  • 時間と場所を選ばない
  • 低コストで始められる
  • ブログや動画経由で別の仕事に繋がる可能性がある
  • 軌道に乗れば、働いていない時間もお金が入ってくるようになる

ただ、ブログと動画は稼げるようになるまで、時間と手間がかかります

そのため、根気よくコツコツ物事を続けられる方に向いているマネタイズ手法です。

専門的なスキルがある場合の「副業」の始め方

専門的なスキルがある方は、会社での仕事ではなく個人で仕事を受けてみましょう。

会社での仕事とは異なり、個人で仕事をすると多くの雑務や問題が発生します。

雑務を効率よくこなすスキル問題の対処法や防止策は複業を始める時に重要になります。

また、個人で仕事すると、個人での実績も積み上がっていきます。

個人の仕事で培った実績・人脈も、複業へとステップアップする時に非常に重要です。

個人での仕事ってどうやって取ってくるの?

ただ、問題となるのが個人での仕事をどうやって探すか。

私がオススメする方法は「クラウドソーシング」に登録すること。

クラウドソーシングは、

  • 営業周りやDMなどの営業活用は不要
  • 仕事の条件を事前に確認できる
  • 様々な仕事を選べる

など個人で仕事を探してる方にピッタリなサービスです。

クラウドソーシングの中でも特にオススメなのは「クラウドワークス

「クラウドワークス」はクラウドソーシングの中でもかなり規模が大きく、お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名以上、業界でも大手に入ります。

「クラウドワークス」なら「登録したけど、仕事が見つからない」ということはありません。

特にWEB系の仕事が多いので、

  • コーディングスキル(HTML・CCS)
  • プログラミングスキル
  • デザインスキル
  • ライティングスキル

を持っている方は、数多くある仕事から条件が良い仕事を選べるはず。

会員登録は無料なので、まずはクラウドワークスにある仕事を見てみるだけでも良いと思います。

クラウドワークスの登録はこちら

クラウドソーシングを活用して、個人の仕事を小さくでいいので始めてみましょう。

好きなことも専門的なスキルもない場合

専門的なスキル「好きなことも専門的なスキルがないけど、複業を始めたい」という方は、まずは複業に繋がる専門的なスキルを身につけることをオススメします。

私がオススメするスキルは、この3つです。

  • デザインスキル
  • コーディングスキル
  • プログラミングスキル

この3つのスキルをオススメする理由は、このスキルを活かした仕事が

  • 仕事をもらえれば個人で仕事を完結できる
  • 時間と場所を選ばすに仕事できる

と、「副業」・「複業」として始めるのにピッタリな仕事が多いから。

働きながら専門的なスキルを身につけられるのかな?と思うかもしれません。

ただ、今は働きながらでも専門的なスキルを身につけられるサービスはたくさんあります。

数多くある中でも、特に学びやすそうなサービスはこの2つ。

  • WEBCAMP
  • WEBCAMP ONLINE

エンジニアがマンツーマンで教えてくれて、専用の教室に毎日通いたい放題の「WEBCAMP」

専用の教室でがっつり学びたいなら、「WEBCAMP」

WebCampが気になる方はコチラ

オンラインカリキュラムで学べ、週2回専属エンジニアと相談できる「WEBCAMP ONLINE」

好きなタイミングで自宅で専門スキルを身につけたいなら、「WEBCAMP ONLINE」がオススメです。

WEBCAMP ONLINEが気になる方はコチラ

「WEBCAMP」は渋谷で無料説明会が実施されているので、興味がある方はやお近くにお住まいの方は一度話を聞きに行ってもいいかもしれません。

独学でも専門的なスキルは身につけられますが、効率良く学びたいならプロに教えてもらうことをオススメします。

状況にあった副業を小さく始めよう

ここまで状況にあった始め方をそれぞれお伝えしてきました。

どの状況にも言えるのが、

とにかく始めよう

ということ。

小さく始めて大きく育てる」という気持ちで、複業の第1歩を踏み出してみてください。

step3:会社員として働きつつ、「副業」を「複業」にする

副業から複業のステップ「副業」で徐々に稼げるようになってきたら、会社で働く時間をさらに減らし、個人の仕事を「複業」として本気で取り組むのがステップ3。

具体的には、週4勤務や週3勤務にできないか会社と交渉してみましょう。

私は会社と交渉して、フルタイムの正社員から、週4かつ残業なしの正社員にしてもらいました。

ただ、会社によってはこのステップがかなり難しいと思います。

とはいえ、このステップの状態で独立するのは、

  • 「副業」で稼げる見込みがある
  • 1年ぐらい生活できる貯金がある

という条件を満たさない限り、かなりリスクが高いのであまりオススメできません。

もし今の会社で労働時間を減らすことが難しければ、複業OKの会社へ転職することをオススメします。

私も一度探してみましたが、複業OKな会社もいくつか見つかりました。

とにかく第1歩を踏み出すのが大切

複業に興味があるなら、まずはステップ1から実施してみましょう。

step2まではリスクはほとんどありませんし、

  • 仕事の効率化
  • 「副業」で培ったスキル

は、そのまま会社に勤めていくとしても役に経ちます。

リスクが少ないのにメリットは大きいので、ぜひステップ1からステップ2まで実行してみてください。

そこまで実行してみて、複業というワークスタイルが合わなければ、会社の仕事「専業」に戻ればいいだけですから。

私が複業を始めた理由などはこちらの記事にまとめているので、気になる方はこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
複業を始めた理由.png
副業を始めた理由とどうやって複業を始めたかをまとめてみたこの記事では、個人の仕事と会社の仕事をどちらも本業とする「複業」というワークスタイルを私が始めた理由をご紹介します。 私がどのよう...