ライフハック

パワーナップを導入して効率良く働き、残業時間を減らそう

パワーナップ

皆さんは充分に睡眠を取れていますでしょうか。

仕事と遊びに忙しく、日々充分に睡眠時間が取れている人は少ないのではないでしょうか。

日本人があまり睡眠時間が取れていないというデータも出ており、

  • 日本の平均睡眠時間は、6・5時間。
  • フランスの平均睡眠時間は、8・7時間
  • アメリカの平均睡眠時間は、7・5時間

とフランスの平均睡眠時間と比べると日本人は、2・2時間も睡眠時間が短いということになります。

現に私も平均5時間〜6時間ぐらいしか寝れておらず、もっと睡眠をとりたいなーと思いながら毎日仕事に行っています。

睡眠不足の状態だと、効率が著しく落ちますよね。

  • 寝不足で迎えた次の日、眠くて仕事が捗らない
  • 14時ぐらいは眠くてしょうがない
  • 昼休みに仮眠したけど、起きた直後は寝ぼけていて全然捗らない

という経験がある会社員の方は多いと思います。

私は残業時間を減らすために、日々効率よく仕事をするために頑張っているのですが、ぶちあたったのがなんと午後の睡魔による効率の低下。。

午後14時ぐらいから眠くて、全然捗らず夕方ぐらいからやっと集中できて、20時から21時ぐらい仕事を終えて帰る、みたいな日、結構ありませんか?

偉そうなこと言ってる私もそういう日がありました。。

午後の眠い時間も仕事が捗れば、もっと早く帰れるのに。。

と悩みながら色々な本を読んだ時に見つけたのが、パワーナップという20分程度の仮眠です。

パワーナップとは

パワーナップとは、20分程度の仮眠のことです。

一般的にイメージされるようにベットや布団に横になる昼寝ではなく、ソファやイスに座って目を閉じて休む仮眠方法。

パワーナップは浅い睡眠を取ったと人間の脳にさせることができるため、集中力がかなり回復します。

そんなに短い時間でも効果あるの?と思うかもしれませんが、30分以上の仮眠を取ると寝ぼけしやすくなるため、集中力を回復・継続させるのであれば、20分程度がもっとも効果的です。

大企業であるGoogleやNikeでは、社員がパワーナップできるような環境や制度を導入していることも効果があることを裏付けています。

昼休みにパワーナップを取ったら、残業時間が減った

20分程度ちょっと休んだぐらいで、本当に効果あるの?
と思う方も多いかもしれません。

私も半信半疑だったのですが、試してみたら14時〜15時半の時間帯の仕事の効率化がかなり上がりました。

パワーナップを行うことで、上記の時間帯も眠気はなく、午前中の作業で使った集中力も回復し、午後イチからしっかり集中して仕事ができます。

その結果、月10時間ほど残業時間が減りました
仕事の量は減っていませんし、むしろ増えています。

他にも効率化のために色々試しているので、一概にパワーナップだけが原因とは言えませんが、パワーナップの効果は大きいと思います。

会社のデスクに突っ伏すだけできちゃうパワーナップ

私が試したパワーナップの方法は、すごい簡単です。

  1. 昼休みに入ると同時に、iphoneで20分後にアラームをかける
  2. 自分のデスクの上で、腕を枕にしてうつ伏せになり、目を閉じる
  3. アラームで目をさます

パワーナップとしてはこれだけですが、私はそれに加えて

  • パワーナップ直後に、会社の外へホットのコーヒーを買いにいく
  • 自分のデスクに戻って、コーヒーを飲みながら仕事をする

ようにしています。

20分程度とはいえ、目をつぶって仮眠していたので、その後すぐに頭が働くわけではありません。
そのため、外に出て体を動かし、暑いコーヒーを飲むことで、頭を働かせることができるようにスイッチを入れています。

パワーナップと上記の行動を習慣にしてから、午後も集中力が続き、効率がかなり上がりました。

一度30分以上の仮眠をとってみたり、コーヒーを買いに行くのをやめてみたのですが、パワーナップ後に寝ぼけた状態が30分ぐらい続いたのであまり効率は上がりませんでした。

そのため、パワーナップ直後に何をするかも、その後の仕事の効率を左右すると思いますので、パワーナップと合わせて

  • 外に出て動く
  • 暑い飲み物を飲む

を試してみてくださいね。

誰にでも取り入れられるのがいいところ

このような方法なら会社員の方でもすぐに取り入れやすいですよね。
そこがパワーナップのいいところだと思います。

特別な器具は必要ないし、寝る場所も自分のデスクさえあれば充分なんですから。

  • あまり睡眠時間が取れなくて、午後は眠くてしょうがない
  • 残業を減らして、もっと自分の好きなことをしたい
  • 集中力を継続して、もっと効率を上げたい

という方はぜひ試してみてくださいね。

最後に、私がパワーナップを知ったきっかけでもあり、この記事を書く際の参考にさせていただいた書籍のリンクを貼っておきますので、より深く睡眠や集中力アップの方法を知りたい方は読んでみてもいいかもしれません。